FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECT

あなたの手づくりは世界中の
こどもたちを笑顔にしてゆく。

ハッピートイズ通信 HAPPY TOYS PROJECT BLOG

こんにちは。

いつも「フェリシモ ハッピートイズプロジェクト」を応援していただき、ありがとうございます。

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)さまおよび、認定NPO法人パレスチナ子どものキャンペーンさまを通して、レバノンに住むパレスチナ難民のこどもたちの元へ旅立ったトイズの寄贈レポートをご紹介します。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

●寄贈施設名:
レバノン共和国 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の小学校約60校 

●レポート:
2018年11月14日(水)、ハッピートイズの第1回目の寄贈をレバノン共和国首都ベイルートのUNRWAヤバット小学校(Yabad Elementary School)で実施しました。

YabadSchool1.jpg

寄贈式には、UNRWAレバノン事務所の教育部長他7名が参加し、現地日本国大使館の経済協力班からも3名の方々が出席されました。

寄贈式は、ヤバット小学校校長の挨拶に始まり、大使館、そしてUNRWA代表者から、「フェリシモ ハッピートイズプロジェクト」チームの皆さん、そして日本の支援者の方々への感謝が述べられました。

その後、この日のために生徒たちが練習してきた日本語による日本の国歌斉唱があり、傘を使った可愛らしい日本のダンスも披露してくれました。そして、最後に体全身で表現した躍動感あるパレスチナ・ダンス「ダブケ(Dabke)」で参加者全員を楽しませてくれました。

YabadSchool3.jpg YabadSchool4.jpg

そして、寄贈式の目玉であるハッピートイズ296体を子どもたちに寄贈しました。

ダンスのための衣装を着たままの子ども達も含め、皆一列に並び、一人ずつUNRWA、そして大使館の方々からぬいぐるみを手渡しで受け取りました。

YabadSchool5.jpg YabadSchool6.jpg

笑顔いっぱいでぬいぐるみを受け取る子ども、大人たちに囲まれ、照れくさそうにぬいぐるみを受け取る男の子など、子どもたちの様々な表情が見られましたが、皆、一様に嬉しそうな表情を浮かべていました。

YabadSchool7.jpg 

子どもたちはぬいぐるみを受け取ると早速、袋から取り出し、UNRWAや大使館職員、またお友達に自慢げに見せていた姿が印象的でした。

「日本は、これまでパレスチナ難民にずっと支援の手を差し伸べてきてくれました。この度は、日本の民間企業であるフェリシモさんから、このような素敵なぬいぐるみを子どもたちのために送ってくれて、本当に感謝しています。これからもパレスチナと日本の絆が強く結ばれることを願っています」

(アマル・アル・ハフィ先生)

YabadSchool2.jpg


「カラフルで、こんな可愛いぬいぐるみは持っていません。おうちに持って帰って大事にします。フェリシモさん、ありがとう」

(ハナイン・アハマッド・イブラヒムちゃん)

YabadSchool8.jpg

UNRWAのベイルート事務所に駐在されている角谷亮さんよりコメントをいただきました。

「ハッピー・トイズを通して、日本の皆さんがパレスチナのことを、またパレスチナの人たちが日本のことを知るきっかけになったと思っています。これまで知らなかった他者を知ることは、非常に大切なことだと考えており、フェリシモさんの活動がその貴重な機会を提供してくださいました。ありがとうございました。」

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ひとつの小さな手づくりのぬいぐるみが見ず知らずの人と人の懸け橋となり、やさしい気持ちが伝わっていく。
こどもたちの笑顔を見るたびに、トイズを作ってくださったみなさまのやさしさが、これからも世界中のこどもたちの心にあたたかい灯となるよう、祈るばかりです。

2019年7月12日(金)

こんにちは。

いつも「フェリシモ ハッピートイズプロジェクト」を応援していただき、ありがとうございます。


2009年より『FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECT[フェリシモ ハッピートイズプロジェクト]』にご参加いただいている女優・タレントの奥山 佳恵(おくやま よしえ)さんと、小学校ママたちによるワークショップが、今年も奥山さんの地元・湘南で開催されました。

奥山佳恵さん.jpg

長男の空良くんが小学1年生のときに、奥山さんが自ら企画書を持ち込んで始まった小学校でのワークショップは、次男のライくんが2年生になった今年、記念すべき10年目となりました。


第1回目から参加の常連の方から今年初参加の方まで、総勢20名のママが集合しました。

奥山さんをはじめ、募集の案内から当日の準備までお手伝いしてくださるお友だち、PTA役員さんや小学校の先生方など、たくさんの方々のお力により毎年開催していただいていることに、心より感謝申し上げます。ありがとうございます!

木とナチュラルな照明のお部屋は、小学校のなかだということを忘れそうになるくらい、素敵な空間。

いよいよワークショップスタートです。

奥山さんの明るいお人柄があふれる進行のもと、テーブルごとにおしゃべりも楽しみながら和気あいあいと、それぞれ自分のペースで、2019年のキャラクター「福を呼ぶフクロウくん」づくりを進めていきます。

2019school0.jpg 2019school1.JPG

2019school5.JPG

奥山さん着用の赤のブラウスは、フェリシモのファッションブランド、「IEDIT(イディット)」のアイテムです。

いつも忖度(そんたく)していただき(笑)、奥山さん、ありがとうございます♪


2019school3.JPG 2019school2.jpg

2019school4.jpg 2019school7.jpg

布合わせもフクロウの表情も、それぞれ違って、みんなかわいいですね。


ぬいぐるみづくりに夢中になって、あっという間の2時間でした。

続きは、大人の夏休みの宿題として、各自で製作することに。


最後は、参加者全員で恒例の記念撮影を。

2019school9.jpg

みなさん、素敵な笑顔です♪

贈る人も贈られるお子さんも、みんな笑顔になる、ハッピートイズ。

みなさんのやさしい思いの詰まったハッピートイズが、フェリシモに届くことをお待ちしております。


当日の様子は、奥山さんのブログ「奥山佳恵のてきとう絵日記」でもご紹介いただいています。

ぜひお読みくださいね。


「ぬいぐるみを手づくりするなんて、むずかしそう。」

「手芸は嫌いじゃないけど、得意じゃないから......。」

という方も気軽にチャレンジできる、くつ下&手ぶくろシリーズも仲間に加わりましたよ。

さらに、手づくりしない人もプロジェクトに参加できる「応援ボタンセット」も登場しました。

手づくりで世界中の子どもたちを笑顔にする『フェリシモ ハッピートイズプロジェクト』へのご参加をお待ちしております。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2019年7月11日(木)

2019年度の『フェリシモ ハッピートイズプロジェクト』サイトを公開しています。

新サイトはコチラです。

2019サイト

今年度もご参加をよろしくお願いいたします。

2019年7月 3日(水)

みなさま、こんにちは。

2018年度の『フェリシモ ハッピートイズプロジェクト』へご参加をいただき、誠にありがとうございました。

愛くるしいパンダくん .jpg

各地のお披露目展示会をご覧いただいたたくさんのお客さまから、SNSを通して感想を発信していただき、スタッフ一同うれしい気持ちでいっぱいです。

こどもたちへの寄贈エントリーは2019年3月25日(月)までで締め切らせていただきました。若干余裕を持って受け付けさせていただきましたので締め切り後しばらくしてフェリシモへ届いたぬいぐるみも寄贈をさせていただきます。

さて、2019年のプロジェクトがスタートしています。
2019TOYS

トイズ製作の作り方説明書を手掛けるフェリシモの手づくりブランド『Couturier[クチュリエ]』のカタログでご案内をしております。(こちらからデジタルカタログがご覧いただけます
2019TOYSCouturier.png

『Couturier[クチュリエ]』のカタログは書店でご覧いただけます。(Amazonでも販売されています
Coutuerier2019

公式サイトの更新はもうしばらくお待ち願います。

トイズ製作のレシピセットはフェリシモのサイトでお買い求いただけます
2019TOYSKIT

2019年もみなさまのご参加をお待ちしております。

2019年4月10日(水)

みなさま、こんにちは。


本日は、昨年12月17日(月)~12月24日(月・祝)まで展示されました、福岡・大丸福岡天神店会場の模様をご報告いたします。

フェリシモハッピートイズプロジェクトが始まって22年目で、初めての九州地域でのお披露目展示となりました。
こちらは、2018年6月16日にスタートした、大丸福岡天神店のCSR活動「さくらの気持ち」の一環として、プロジェクトに共感してくださった大丸福岡天神店とのコラボレーションで実現しました。

こちらでは、ヨーロッパのマルシェの屋台をイメージした白い カートに展示していただきました。この通りでは連日クリスマスイベントが開催されていて、イベントの雰囲気にすっかり溶け込んでいました♪

ブログ-0169_A.JPG ブログ-0171_A.JPG

このまま世界のこどもたちの元へ運んで行きたくなりますね。

それでは、ご紹介していきましょう。 

ブログ-0165_A.JPG ブログ-0164_B.JPG

ブログ-0163_C.jpg

パンダくんがカートの屋根によじ登ろうとしているみたいで、かわいいですね。


0157_A上段.JPG 0156_A上段.JPG

0155_A中段.JPG 0154_A中段.JPG

0153_A下段.JPG 0152_A下段.jpg


0147_B.jpg 0148_B.jpg

0149_C.jpg 0150_C.jpg

同じ型紙、編み図を用いても、色柄はもちろん、サイズも手触りもひとつとして同じものがありません。

0158_裏上段.JPG 0159_ 裏上段.JPG

0160_裏側中段.JPG 0161 __裏側中段.JPG

ハッピートイズの屋台を見つけた、通りがかりの家族連れやカップルが笑顔で見入っていると、いつの間にか人だかりになる。そんな光景を目にして、ひとつひとつ心を込めて作られたハッピートイズならではの、「笑顔を咲かせる」魔法の力をあらためて実感させていただきました。

初めての九州地域での展示でしたが、2019年度も継続していければと願っております。今回の展示で初めてハッピートイズのことを知ってくださったみなさまも是非ご参加くださいね。

2019年2月19日(火)

みなさま、こんにちは。


本日は、昨年11月23日(金・祝)~12月26日(水)まで展示されました兵庫・神戸ファッション美術館会場の様子をご報告いたします。

今回は展示スタイルを刷新されて、3階ライブラリーにてお披露目をしていただきました。

まず、入口のウィンドウ越しに「フェリシモ クリスマスアーカイブスコレクション & ハッピートイズおひろめ展示会」の告知をしているパンダくんがいます。

b-PC260822.jpg

この右下を拡大すると......

b-PC260823.jpg

パネルをがんばって支えていますね。

ライブラリーの壁には、4段にわたってパンダくんが飾られています。ずらりと並んだ光景は圧巻ですね。

b-ライブラリー全体PC260794.jpg

向かって左側から順番に見ていきます。

b-ライブラリー左PC260797.jpg b-ライブラリー中央PC260799.jpg

b-ライブラリー右PC260801.jpg

パンダというと、 目、耳、手足が黒色のイメージがありますが、カラフルな色をあしらったパンダくんもとってもキュートです♪

こちらの棚から向かって右側の棚やツリーにも、展示していただきました。

b-ライブラリーPC260809.jpg

棚、奥に見えるツリー、その隣にある展示ボックスをそれぞれご紹介します。

b-ライブラリーPC260803.jpg b-PC260804.jpg

b-ライブラリーPC260805.jpg

こちらの展示ボックスに飾られているのは、美術館スタッフの方の手によるミニサイズのハッピートイズです。とても可愛らしいですね。

また、このツリーが飾られているエリアのもう一方の棚には、神戸ファッション美術館さまでこれまで展示された歴代トイズのお写真も飾っていただいています。各年度のパネルを支えているトイズたちも先程のミニサイズトイズと同じく、美術館スタッフさまの作品です。

b-歴代PC260806.jpg

展示の様子を神戸ファッション美術館さまのブログでも紹介して下さっていました。こちらも是非ご覧ください。

2019年2月14日(木)

みなさま、こんにちは。


本日は、昨年12月4日(火)~12月24日(月・祝)まで展示されました、兵庫・デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)会場の模様をご報告いたします。

中庭に面した明るい空間に、ハッピートイズのツリー2本を飾っていただきました。

2018b-3.jpeg

2018b-4.jpeg 2018b-5.jpeg

「KIITO」の文字の形をした白いオブジェが置かれています。ベンチとして使用できるそう! 「愛くるしいパンダくん」が飾られたツリーも、なんだか大人っぽい印象に。

次にそれぞれのツリーの画像もご覧ください。

2018b-1.jpeg 2018b-6.jpeg

KIITOでは、展示期間中にさまざまなイベントが開催されていました。イベントにご来場された方たちは、ぬいぐるみの笑顔が花盛りのツリーの前で思わず足をとめて、にこやかに撮影されていました!

次回は兵庫・ファッション美術館での展示会の様子をご紹介いたします。

2019年2月14日(木)

2018年12月19日(水)

CATEGORY : 展示(2018)

2018年おひろめ展示会場まとめ

2018年度のおひろめ展示会場のまとめをご案内します。

会場でおひろめされるぬいぐるみのキャラクターは「愛くるしい パンダくん」です。

◆兵庫・神戸三宮会場
2018年12月3日(月)~12月25日(火)
>>>会場詳細はコチラ をご覧ください。
※ぬいぐるみを製作するための型紙または編み図有り、完成したぬいぐるみの受け付け有り。

_MAC3120★.jpg


◆兵庫・デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)会場

2018年12月4日(火)~12月24日(月・祝)
>>>会場詳細はコチラ をご覧ください。

KIITO2018-1.jpeg


◆兵庫・神戸北野ホテル会場

2018年12月4日(火)~12月25日(火)
>>>会場詳細はコチラ をご覧ください。


◆兵庫・神戸ファッション美術館会場

2018年11月23日(金・祝)~12月26日(水)
>>>会場詳細はコチラ をご覧ください。

展示会場まとめブログ用.jpg


◆神奈川・モザイクモール港北会場

2018年11月10日(土)~12月25日(火)
>>>会場詳細はコチラ をご覧ください。
※ぬいぐるみを製作するための型紙または編み図有り、完成したぬいぐるみの受け付け有り。


◆東京・エキュート日暮里会場

2018年11月25日(日)~12月25日(火)
>>>会場詳細はコチラ をご覧ください。
※ぬいぐるみを製作するための型紙または編み図有り、完成したぬいぐるみの受け付け有り。
20181125日暮里-1.jpg

◆福岡・大丸福岡天神店会場
2018年12月17日(月)~12月24日(月・祝)
>>>会場詳細はコチラをご覧ください。
※ぬいぐるみを製作するための型紙または編み図有り、完成したぬいぐるみの受け付け有り。

おひろめ展示ブログ_0144.jpg

展示会場のお近くに寄られる機会があれば、ぜひ足をお運びください。全国のみなさまからのあたたかい気持ちのつまったトイズたちがお出迎えします。
そして、ご覧いただいて、一度作ってみたいな~と思われたら、ぬいぐるみを製作するための型紙または編み図(※共に材料は付属しません)をお買い求めいただき、あたたかいお部屋で作ってみてください。(ウェブでのご購入はこちらから)

おひろめ展示会終了後も、2019年3月24日までにフェリシモへぬいぐるみをお送りいただければ、順次世界の子どもたちへ寄贈させていただきます。(送料はお客さまでご負担をお願いします)

~送付先~
郵便で送付いただく際の郵便番号:〒651-8525
宅配便で送付いただく際の郵便番号:〒654-0161
住所:神戸市須磨区弥栄台2-7 株式会社フェリシモ ハッピートイズ係
※宅配便の着払いはお受けできません。
※送り状には、Tel:0570-024-213 をご記入ください。

2018年12月19日(水)

2018年度のおひろめ展示会についてお知らせします。

◆福岡・大丸福岡天神店会場
2018年12月17日(月)~12月24日(月・祝)
大丸福岡天神店 パサージュ広場
〒810-8717 福岡県福岡市中央区天神1-4-1
アクセス
営業時間 大丸福岡天神店のサイトをご覧ください。

おひろめ展示ブログ_0144.jpg おひろめ展示ブログ_0145.jpg

完成したぬいぐるみを大丸福岡天神店本館8階「さくらの気持ち」カウンターまでお持ちいただくと、一旦お預かりした後に飾らせていただきます。(12月24日はお預かりのみ)

会期中は大丸福岡天神店本館8階の「さくらの気持ち」カウンターで、ぬいぐるみを製作するための型紙または編み図(※共に材料は付属しません)が販売されています。(『フェリシモ ハッピートイズプロジェクト』のウェブサイトでも購入が可能です)

おひろめ展示会終了後も、2019年3月24日までにフェリシモへぬいぐるみをお送りいただければ、順次世界の子どもたちへ寄贈させていただきます。(送料はお客さまでご負担をお願いします)

~送付先~
郵便で送付いただく際の郵便番号:〒651-8525
宅配便で送付いただく際の郵便番号:〒654-0161
住所:神戸市須磨区弥栄台2-7 株式会社フェリシモ ハッピートイズ係
※宅配便の着払いはお受けできません。
※送り状には、Tel:0570-024-213 をご記入ください。

会場には『フェリシモ ハッピートイズプロジェクト』をご紹介するポストカードも無料にて配布しております。これからの季節、グリーティングカードとしてもご活用ください。

はがき表 1.jpg はがき裏 1.jpg

2018年12月19日(水)

こんにちは。

日は、ハンドメイド作家のkumikoさんこと、阿部久見子さんが製作してくださったトイズをご紹介します。 

阿部久見子さんは、『第9回フェリシモ クチュリエ大賞』で「クチュリエ大賞」を受賞されました。フェリシモの手づくりブランド『Couturier[クチュリエ]』、クチュリエクラブの会員誌『クチュリエの種』でも、作品づくりやその作り方などをご紹介するコーナーなどにご参加くださっています。

阿部久見子さんの作品は、東京・エキュート日暮里会場に展示されています。ぜひご覧になってくださいね。

IMG_2790.JPG

IMG_2792.JPG

とってもかわいい作品がどのように生み出されるのか!? 製作記もじっくりご覧ください


※・・・・・※・・・・・※・・・・・※・・・・・※・・・・・※


こんにちは、kumikoです。
今年もハッピートイズのお披露目イベントの時期になりましたね。わたしもパンダくんを作りましたよ。
今年のトイズは「愛くるしいパンダくん」と聞いて、パンダくんというからには男の子なんだろうなぁと思いつつも、わたしの中ではチャイナ服の似合うかわいい女の子!というイメージが既にできあがっていました。赤いチャイナボタンや大きな髪飾りをどうしても付けたかったので、おもいっきり女の子にしちゃいました~(*^^*)

①パンダ.jpg

今日は、この子ができあがっていく様子をレポします。

まずは生地選びからスタートです。今回は、こんなふうに数種類の花柄が集まったパッチワーク風のプリント生地を見つけたのでこれを使ってみることにしました。

②パンダ.jpg ③パンダ.jpg

柄物同士の生地合わせはなかなか難しいけれど、こういうパッチワークプリントの生地から各パーツをカットすれば、縫い合わせたときもバッチリ調和するというわけです。これに、少し濃い目の色の生地をプラスして、早速カットしたパーツを並べてみましたよ。

④パンダ.jpg

パンダくんの特徴といえば白黒ツートン色です。耳と目フチ、あと胸のパーツに黒っぽい生地を使うと、よりパンダっぽく見えます。でもそんなの全く無視して、好きなふうに作るのも楽しいですけどねぇ(*^^*)

では、これらを縫い合わせていきます。わたしはいつもミシンを使うのですが、今回は早く縫うためのちょっとしたコツをお伝えしてみますね。ぬいぐるみのように細かいパーツを縫い合わせるときは、わたしは縫い終わりの糸をいちいち切りません。こんなふうにどんどん繋げて縫い進めます。

⑤パンダ.jpg  ⑥パンダ.jpg

そして、そろそろ糸を切らないと次に進めないなぁというところで、各パーツを切り離して次の工程に進むのです。

⑦パンダ.jpg

こうする方が、その都度糸切りをするより時間も糸の用尺も節約できるので、何体も量産するときなどは効果的ですよ。(自動糸切り機能が付いているミシンだったらそちらの方が便利ですけどね。)

さてさて、縫製が終わって綿を詰め、お顔を仕上げたところです。

⑧パンダ.jpg

う~ん、ちょっと頭のボリュームが大きくなっちゃったかな(^▽^;)まぁ、気にしないで次に進みましょう。

ここからがお楽しみのドレスアップタイム!チャイナガール風に変身させますよ。ちゃんとしたドレスを着せるのは大変なので小物でお洋服を着ているように見せるのがポイントです。
細いサテンリボンを使い、両端を縫い縮めてチャイナボタン風の飾りを作ってみました。これを前ボディに3個とめつけます。それから、パンダの耳がシニヨンに見えるといいなと思って、フェルトで髪飾りも作ってみました。

⑨パンダ.jpg  ⑩panda.jpg

⑪パンダ.jpg

香港の下町に住む快活な女の子、そんな感じのキュートな子になったかな?

⑫パンダ.jpg

この子はこれからどこの国の子どもたちに会いに行くのでしょう。
みんなにたくさんギュ―ッとしてもらって、いろいろ話しかけてもらえる愛らしい子になってくれるといいなぁ~(*^^*)


※・・・・・※・・・・・※・・・・・※・・・・・※・・・・・※

柄物同士の生地合わせは難しそうに思いがちですが、柄の種類やイメージ(今回はパッチワーク風のプリント生地)を合わせるとバッチリ調和するというお話には、なるほどと思いました。
各パーツをミシンで縫い進める時に縫い終わりの糸を切らずにパーツを繋げて縫い進め、次の段階にうつる寸前で切り離すという方法には、目からウロコが落ちました。

いろいろな作品や技法が紹介されている阿部久見子さんのブログ、「つくること、暮らすこと。もぜひご覧ください。
※リンクをクリックすると阿部久見子さんのサイトが開きます。

2018年12月18日(火)

  • follow twitter
  • official facebook
  • 寄贈の様子など動画で紹介! 動画チャンネル
  • みんなの作品ギャラリー HAPPY TOYS GALLERY

 

Facebookもチェック

「#happytoys」をつけてツイートしよう!

HAPPY TOYS PROJECTさんをフォロー

寄贈の様子など動画で紹介! 動画チャンネル

みんなの作品ギャラリー HAPPY TOYS GALLERY

official Instagram

official facebook

follow twitter

 

 

ハッピートイズ
プロジェクトとは?
お披露目しよう!
世界中のこどもたちへ